金運アップ

金運アップするための法則

お金の身になって考える、金運アップするための根本法則です。 お金の気持ちのわかる人間になれるかどうかが金運を左右するのです。 
人はお金をどうやって手に入れるか、ということばかりにとらわれがちですが、お金の身になって考えれば、どう遣われるかということのほうがずっと重要なのです。
よい遣い方ができれば、お金に好かれ、自ずと金運はついてきます。

 

比較的簡単に、金運を上げる方法として、トイレに注目してみるのもいいでしょう。
トイレには悪い気が集まるとされています。もちろん不浄という考え方もありますので、風水 トイレから運気を上げる方法は、昔から言われています。
些細なことですが、いつも清潔にしておくとか、和洋問わずトイレの蓋は必ずするようにするとか、金運アップするような絵画を飾ってみるのもいいでしょう。
こうすることで、運気が上がったという話はよく聞きますよね。
特に成功者の多くが、トイレ掃除は大金持ちになってさえ、行う人が多いくらいです。

2つのお金の遣い方

お金の遣い方には大きく分けて2つの方法があります。 ひとつは「物を手に入れる』ため、もうひとつは「人の心を動かす」ため。

 

物を手に入れるためのお金は物の持つ運気、相手と相性を考えて遣うことが重要です。 誰かに何かを買ってあげるなら、その人の運気を上げるようなものを買うということです。

 

お金で人を動かす場合にも、相手にとってよい状態になるように考えることです。 決して恨みを買うようにしてはいけません。 人の心を動かすために遣うお金であっても、まずお金が不自由なく気前よく遣えれば、それによって変わるものはあなたです。 恨みも買いません。 そして、あなたの自信につながることを念頭においてください。
お金は手に入れることが目的ではありません。 お金が手に入ったら、そのお金が喜ぶような遣い方をすることを、お金がない時は考えておいてください。 大金をつかんだら何ができるか、何をしたいかを考えて、それが間違っていなければ、必ず大きな金運に恵まれるでしょう。